リビング階段にすると冬、暖かい空気が全て上に上がっていき寒く感じます。

かぞくの毎日の顔を見るためにリビング階段を選びました。

リビング階段にする事で、毎朝子供の学校行く時の表情や顔を合わせる機会も考えて設計してもらいました。

最初はこれでいいと思っていたんです。しかし冬が来てその考えは一変しました。

新築なのでもちろん昔の家よりすごく暖かいです。断然に違います。

しかし、こちらの地区は豪雪地帯であり、冬はとても寒い地区です。

そんななかでも暖かいと感じていましたがやはり1番寒い時期になると階段から冷たい風が永遠に流れて来るのです。

リビングとダイニングは一緒なのでその冷気が降りてくる事によって、とても寒く感じてしまいます。

下手にカーテンをつけるとせっかくの新築がダサく見えてしまうのも嫌ですし、扉を増築するのも手間ですし、二階でエアコンを回し二階部分を暖める事も考えましたが案の定電気代がかなり上がりました。

今年の冬は暖房温度を一度あげ加湿をして対策を取っていましたがやっぱり冷たい風は気になります。

雪国ではリビング階段はあまり向きません。

二階も吹き抜けにしてしまえば良かったのかなと後悔しています。

でも子供の顔を毎日見るために、育児する部分ではリビング階段のほうがいいと思うのです。

よく読まれてるサイト:https://太田市注文住宅.com/

家族がよく使うリビングの間取りをリフォームするには?

全般的に言って、電気器具製品の寿命は10年程度ですよね。キッチンの寿命はそんなに短くはないですから、そこに配置することになる製品は、やがて買い替えるということを前提条件として、キッチンのリフォームに取り掛かる必要があります。
茨木市のリフォームと言いますと、洗面所もあればフローリングもあるというみたいに、色々な場所が想定されるわけですが、業者によって自信のある分野(部分)や施工金額設定に違いがあるのが普通です。
このところ、時々聞かれるようになった「リノベーション」という文言ですが、「リフォーム」と勘違いして、堂々と用いている人も稀ではないと言われています。
屋根塗装と呼ばれるものは、小まめに行なうものではないですから、誰だって神経を使うと思われます。文句のつけようがない仕上がりを目指すためにも、屋根塗装業者と念入りに話し合うことが重要になります。
浴室リフォームを依頼できる業者を複数見つけ出して、それら全部の業者から見積もりを送ってもらうのは、想像している以上に苦労すると思います。そのような時は、一括見積もり請求サイトを活用するといいと思います。

屋根塗装をお願いするには、一定のまとまったお金が要されます。そんな理由からコストを下げる秘策がありましたら、進んで取り入れて、多少なりとも支払いを抑えられるといいですね。
旧耐震基準に則って設計建築された木造住宅限定で、たくさんの自治体が耐震診断の費用を完全無料にする事にしているそうです。その結果を参考にした耐震補強工事の費用を、一定額まで補填する自治体も出てきているとのことです。
外壁塗装業界の現実的な問題として、何の知識もない人の心の隙間に付け込み、有無を言わさず契約をさせる粗悪業者とのトラブルが多くなっています。そうした被害を被らないためにも、外壁塗装に関係する知識を得てください。
「家族がよく使うリビングだったり、子供部屋のみを耐震補強する。」というのも良い方法ですから、予算をチェックしながら、耐震補強をしていくべきだろうと思います。
「外壁塗装工事みたいに、手を抜いてもバレることがないものはないと言える」と言われることからも分かるように、あくどい業者が相当数存在しています。そういう理由で、信頼感のある業者をチョイスすることを最優先に考える必要があります。

皆さんは「ネットを利用して、リフォーム費用を一括見積もりするサービスがある」ということをご存知でしたか?車買取サービスなどでは、今や誰もが知るようなものになっておりますが、住宅関連産業につきましても、サービスが提供され出したのです。
屋根塗装も、どういったタイミングを目途にやったらいいのかという規定などありません。錆付こうが放ったらかしで、事実上の被害に遭わなければ、これから先も何にもしないというお家もあると教えてもらいました。
ちょっと前までの主役ということになるとワックスでしたが、このところはワックスよりも保持力とかプロテクト能力が抜群で、光沢も素晴らしいフロアコーティングを頼む人が圧倒的です。
キッチンのリフォームを敢行する場合の施工期間は、傷みの程度はどれくらいなのかや修復範囲により変わってはくるのですが、設置場所が同一で、寸法も一緒のシステムキッチンを配置するだけなら、1週間もあれば十分です。
当たり前のことですが、耐震補強工事は知識と経験のある人や企業が実施しなければ、工事の意味がないものになってしまいます。また、施工する住居の状況次第で、補強する位置だったり進め方などが違ってくるのです。

もっと詳しく>>>>>茨木市のリフォーム

タバコ吸うための専用ベランダ作ったが、結局禁煙した

当時は妊娠を望んでなくてタバコをずっとすいつづけると思っていたが、いざ結婚してみたら子供がほしくなり、妊娠活動のすえ妊娠発覚して、タバコをやめることにしたので、専用で作ったベランダが使わなくなってしまいました(汗)

通常の洗濯をほす広さまでは大きくなくて使い勝手が何もなく、毎年蜂の巣までそのベランダのてすりにつくられるようになってしまい、蜂の巣退治まで毎年しなければいけなくなってしまいました。

人二人くらいがたてるだけのベランダで、正面には隣の家の人の壁しか見えず、日当たりも全くないため将来的にも使用することがないので、こうなるのであれば、自宅を作る前から設計士の人にきちんと相談するべきだったと後悔してます。

設計士の人にも相談は一応してたのですが、設計士の人がタバコ吸うためのベランダを進めてきたので、もっとしっかりした設計士の人に頼めばよかったと思っています。

ですが営業のひとや、設計士の人とのめぐりあいは運だと思ってますので、運が悪かっただけと思うしかないです。

自分自身でも失敗した理由はあまりわからず、なぜならばきちんと当時営業のひとと設計士の人に相談してたから、なのでこれからは知識ある人を見極めれるような人間になりたいと思いました。

こちらもどうぞ>>>>>新潟市の注文住宅

窓を多く作りすぎて失敗しました。大きさや数をもっと考えればよかったです

掃出し窓があれば、なんとなく明るそうだし便利かなと思って多めに作ったんです。

その結果、家具を置く場所がとても少なくなり、大変不便で後悔しています。

普通の窓にしておけば、その窓の下にでも家具を置くこともできたのに、残念でなりません。

モデルルームや、友達のおうちなど、もっとよく見たり下調べをすればよかったと思います。

また、インテリアの本なども、たくさん見て研究するべきでした。

実際住んだときのイメージがしっかりついていなかったのが失敗した原因だと思います。

隣の家が近いので、窓がそんなにあっても、ちょっと落ち着かない空間になってしまいました。

そして、窓がやたら多いおかげで、カーテンも数がいるようになってしまい、カーテン代だけでも馬鹿にならないくらいになりました。

窓を付けるということは、窓の大きさを考えればいいだけではなく、設置したあとのカーテンのことも考えないといけないということも、考慮不足でした。

1つは手の届かない飾り窓みたいなのがあるのですが、掃除が行き届かないので、よく見るととっても汚れています。

もう一度でいいから、家を立て直せたらいいのって思います。

たかが窓、されど窓です。生活をイメージしてよくよく設置することをおすすめします。

参考サイト:渋川市の注文住宅

キッチンのリフォームを安くするコツ

実際に「リフォームをしたい」という気持ちになった際に、いずれのリフォーム会社に頼んだらいいのか頭を抱えてしまう人も多いのではないでしょうか?何処の会社に頼むかは、リフォームの結果に直結するので、最も慎重さが要されます。
キッチンのリフォームを行いたいと思ってはいても、工事費がどれ位になるのか心配ですよね?そうかと言って見積もりを取り寄せたとしましても、その価格が適切なのか否かさえ判定できないというのが本音だと思います。
リフォームとの間に、明らかな定義の違いはないとされますが、家屋に新たなる付加価値を与えることを目論んで、設備の刷新や間取り変更工事などを執り行うことをリノベーションと呼ぶことが多いです。
頭にあるトイレリフォームの内容を打ち込めば、そのリフォーム工事を引き受けられる、近場のトイレリフォーム業者から、提案書や見積もりが返信されてくるというような一括見積もりサービスも存在します。
リフォーム会社を調べてみると、リフォームを終えた後に気付いた不具合をタダで修復する保証期間を設けているところもあるので、会社を選抜する際には、保証制度が設けられているか否かとか、保証される期間と範囲を理解しておくべきでしょう。

一様にトイレリフォームと言っても、便座もしくは便器を買い替えるだけの簡単に済むトイレリフォームから、和式トイレを流行の洋式トイレへと変更するリフォームまでと、各家庭のニーズに合わせられるのです。
フローリングリフォームによって張り替える料金の事を考えると、フロアコーティングの料金で、美しさや綺麗さを20年程度保持できる方が、最終的に断然得をすることになると言っても過言じゃありません。
リフォーム会社選定をするという場合の重要なポイントとして、クチコミであったり評判だけに限らず、「何とか3~5社のリフォーム会社より見積もりをゲットして吟味する」ということが不可欠だと考えていいでしょうね。
「もっと光沢のあるものにしたい」、「出来るだけ長く持たせたい」、「木目調がいい」など、平常生活とかセンス・嗜好、更には手持ち資金を考えたフロアコーティングを選ぶことができます。
フローリングのリフォームは当たり前として、ここに来て畳をフローリングに張り替えて、プラス理想の洋室に作り変えたいということで、天井や襖もリフォームしてしまうという方が多くなってきています。

少し前から、よく耳にするようになった「リノベーション」という単語ですが、「リフォーム」と同じ意味だとして用いている人もかなりいると聞きます。
当ページでは、トイレリフォームでリアルに必要になってくる金額とか、周知しておきたい重要ポイントについて解説しています。トイレリフォームにて頭を抱えている方は、是非参考にしていただきたいと思います。
リフォームに関しても、住居の改修を指し示しますが、リノベーションと比べますと、規模の面とか目的が全然違います。リフォームは、どちらかと言いますと大々的ではない改修で、修復が主たる目的だと言えます。
いずれ外壁塗装をやろうと考えているのならば、外壁の表面の劣化が顕著になった時点で実施するのが良いと言えます。その時期が、大体新築後10年~15年となっているようです。
耐震補強工事については、多様なリフォームの中でも高額な代金が請求される工事なのですが、金額的に決心できないとすれば、特にポイントとなる部分だけ耐震補強するということもできます。

こちらもどうぞ⇒流山市のリフォーム会社

リフォームしたが、窓が昔のまま使われていて隙間風が入る。

値段を少しでも安くするために窓は昔のリフォームする前のものをそのまま使ってもらった。

そこまで隙間風が入るとも考えていなかったので、リフォーム後、家に住み始めてからそこがわかりました。

冬は隙間から冷気が入ってきてとても寒いですし、夏は、冷房が抜けてしまいます。

お風呂場にはリフォーム前に窓がなかったので、逆に新しい窓をつけてもらいました。その窓は隙間風もなく綺麗です。

値段を気にせずに、窓くらい変えて貰えばよかったなと後悔しています。

また、家にある場所が田舎で元々寒いので、余計隙間風が気になるのかなとも感じます。

家を建てる前、リフォームする前に、住む場所とかも考えるべきだったかなと思います。

他に失敗した原因といえば、道路側に窓が面していることです。

車が通るたびに風が吹くため、窓の設置場所が、道路側と反対側だったら、隙間風が入ることもすくなかったのかもしれません。

また、大型の車が通るたびに窓がガタガタと揺れるので、騒音としても気になってしまいます。

窓を取り替えなくても、隙間風が入らないかどうか、業者の方にチェックしてもらうという一手間も大切だったと感じます。

手間やお金がかかることを気にするよりも、生活しているときに支障が出ないことを考えることが大切ですよ。

よく読まれてるサイト:神奈川区 注文住宅

可愛い子もいつか年を取ります。その時、どうしますか。

最近はペットフードの質が良くなったことや医療にかかる機会が増えたことなどからかつてよりも犬も猫も平均寿命が延びています。

あんなに小さくてか弱かった子も大きくなりやんちゃで走り回っていた子にも落ち着きがでて、そのうち一緒に遊ぼうと誘ってもそっけなくなる時が来ます。

難なく上がれていた段差を上がれなくなり、食の好みが変わり、食べても痩せていくなど、筋力低下や内臓の疾患など、寿命が延びた分の弊害が出てきます。

私は何頭もの犬と猫との別れを経験しましたが、犬猫の老いは食い止められない、そしてそれにまつわる身体的な低下や認知的な障害も起こる時は起こると思います。

上質なフード、適度な運動、ストレスのない生育場所、適切な医療など、それらはペットを愛する人にとっては今や当たり前なことです。

ですが、シニアになった犬や猫本当に本当に手がかかります。想像以上です。

食事、排せつ、運動、これらすべてに人の介添えがいるようになり、昼夜が逆転し鳴き続ける子を抱いて赤ちゃんをあやすように一夜をあかしたり。

時間、お金、精神的負担、などペットが若い頃には想像をしていなかった辛さがあります。

ペットを飼う時には想像はできないことです。ですが、それがあるという現実はイメージしてください。

ペットを飼うということは、命の責任を抱え、最期のその瞬間を見届けるまで投げ出せないのです。愛する子の最期は辛いです。

でもそこまで傍にいて愛し愛されたという濃密な時間を神様が与えてくれる時でもあります。

どうか、愛するペットが年を取ったときに投げ出さない覚悟を持ってください!

PRサイト:ペット 薬

階段を上がってすぐのところにある寝室のドアが開けにくい

2階は続く階段を上がってすぐに寝室のドアがあります。

ドアを開くと階段の淵ギリギリまでくるので、階段を一段降りてから開けないと引っかかります。

最近は慣れてきたので良いのですが、慣れるまでは何度か階段を踏み外しそうになりました。

この失敗をした原因は、狭小住宅なので、なるべく無駄なスペースをなくして部屋を広く取りたい、とオーダーしたことにあると思います。

最初の図面ではドアの前にスペースがあり、余裕があったのですが、それが無駄なスペースだと思い、設計士さんの反対を押し切って無理やり部屋を広げてもらいました。

出来上がった図面を見て、部屋が広くなったことだけに満足して、実際の動線については全く考えていませんでした。

今思えば、設計士さんの助言通りにしておけば、もっと使いやすいドアになったのに、と後悔しています。

設計士さんは住宅のプロです。

ドアの位置の少しの差で使いやすさが変わってくるのを一番よく知っているのは設計士さんです。

多少間取りに不満があっても、そのように設計したのには理由があるんだと思います。

不満があったら「なぜこういう形にしたのか」を聞いて実際にイメージすることが大事だとつくづく思いました。

続きはこちら⇒注文住宅 一宮市

子供部屋をわける境目の壁です。狭い部屋なのでわける必要がなかったです。

それぞれ子供部屋は4.5畳しかないのに、壁を造らない方が良かったです。

設計段階で壁をはずすべきか悩みましたが、設計士の方に「最初に壁ありで契約を結んでいるので、壁をはずしたからと言ってその分安くはならない」と言われ、それなら後々子供が成長して壁をとりつけるかもしれないのに、その時また費用をかけるのも馬鹿らしいと壁ありで決定しました。

こう決断してしまったのも工期の関係で悩む時間が少なかったことも原因の1つだったかもしれません。

しかし今現在子供はまだ1人しかおらず、もしかしたらこのまま一人っ子のままかもしれないし、産まれるにしても次の子が同性ならば壁の必要性はあまりなかったと思うのです。

パーテーションや棚で間仕切るなど工夫して、最初から壁を造らない方法もたるのにその方が良かったと後悔しています。

実際住むようになって思ったのが、部屋が狭すぎます。

狭すぎて家具の配置はほぼ確定。

模様替えを楽しむことなんてできません。

子供が子供部屋で過ごすのはほんのわずかな期間かもしれませんが、子供が巣立った後のその部屋の使い道を考えてみると、やはり狭い部屋がいくつもあるよりかは広く活用性のある部屋が1つあった方がいいと感じます。

お世話になってるサイト>>>>>注文住宅 新座市

空き家を売却する方法や高く売るコツとは?

空き家を管理すると、毎年固定資産税などが重くのしかかってきますよね。

今は住んでいない空き家ですから、ずっと残しているくらいならば売ってしまいたいと考える方もいるはずです。

しかし、どうやって売ればいいのかわからない方も多いのが現状です。

ではどのように売れば良いのか、そして高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

まず、空き家を売るには不動産会社に相談するところから始まります。

不動産会社は住宅の販売のプロであり、こういった空き家の販売も手慣れていることが多いため、まずは相談してみましょう。

その際に気をつけて欲しいことは、必ず空き家に近いところにある不動産会社から調べて相談するという点です。

なぜかというと、その町の雰囲気や交通事情、商業施設や小中学校などのへのアクセスの利便性で、不動産物件の価値は大きく左右されてしまうからです。

遠方で勝手がわからない大手不動産会社よりも、地元事情に詳しい不動産会社の方が、より高く売却してくれることが多いからです。

また、空き家を高く売るには、一度古い家を取り壊して売却する方法があります。

古い家が残った状態では、そのまま済む場合はまだしも、建物の状態によっては購入した方が取り壊しを行うこともあります。

しかし、住宅ローンの対象には取り壊し費用はならないため、取り壊し費用を出せるお金持ちの買い手しか手が出せなくなり、買い手が非常に少なくなってしまうのです。

また取り壊しして更地にすれば、純粋に買い手が多くなるため、値段も高く設定することができるのです。

こういった点に注意して、空き家を売却してみてはいかがでしょうか。

参考サイト:空き家対策 処分