タバコ吸うための専用ベランダ作ったが、結局禁煙した

当時は妊娠を望んでなくてタバコをずっとすいつづけると思っていたが、いざ結婚してみたら子供がほしくなり、妊娠活動のすえ妊娠発覚して、タバコをやめることにしたので、専用で作ったベランダが使わなくなってしまいました(汗)

通常の洗濯をほす広さまでは大きくなくて使い勝手が何もなく、毎年蜂の巣までそのベランダのてすりにつくられるようになってしまい、蜂の巣退治まで毎年しなければいけなくなってしまいました。

人二人くらいがたてるだけのベランダで、正面には隣の家の人の壁しか見えず、日当たりも全くないため将来的にも使用することがないので、こうなるのであれば、自宅を作る前から設計士の人にきちんと相談するべきだったと後悔してます。

設計士の人にも相談は一応してたのですが、設計士の人がタバコ吸うためのベランダを進めてきたので、もっとしっかりした設計士の人に頼めばよかったと思っています。

ですが営業のひとや、設計士の人とのめぐりあいは運だと思ってますので、運が悪かっただけと思うしかないです。

自分自身でも失敗した理由はあまりわからず、なぜならばきちんと当時営業のひとと設計士の人に相談してたから、なのでこれからは知識ある人を見極めれるような人間になりたいと思いました。

こちらもどうぞ>>>>>新潟市の注文住宅