窓を多く作りすぎて失敗しました。大きさや数をもっと考えればよかったです

掃出し窓があれば、なんとなく明るそうだし便利かなと思って多めに作ったんです。

その結果、家具を置く場所がとても少なくなり、大変不便で後悔しています。

普通の窓にしておけば、その窓の下にでも家具を置くこともできたのに、残念でなりません。

モデルルームや、友達のおうちなど、もっとよく見たり下調べをすればよかったと思います。

また、インテリアの本なども、たくさん見て研究するべきでした。

実際住んだときのイメージがしっかりついていなかったのが失敗した原因だと思います。

隣の家が近いので、窓がそんなにあっても、ちょっと落ち着かない空間になってしまいました。

そして、窓がやたら多いおかげで、カーテンも数がいるようになってしまい、カーテン代だけでも馬鹿にならないくらいになりました。

窓を付けるということは、窓の大きさを考えればいいだけではなく、設置したあとのカーテンのことも考えないといけないということも、考慮不足でした。

1つは手の届かない飾り窓みたいなのがあるのですが、掃除が行き届かないので、よく見るととっても汚れています。

もう一度でいいから、家を立て直せたらいいのって思います。

たかが窓、されど窓です。生活をイメージしてよくよく設置することをおすすめします。

参考サイト:渋川市の注文住宅